両爬写真 2008夏合宿inみなかみ その1』 080820〜080827撮影(090323掲載)


とりあえずだーーっと両爬の写真を載せていきます。
雨が多くて寒かったけど、出るものは出てくれて良い合宿でした。




ヤマカガシRhabdophis tigrinusの赤ちゃん。
ヤマカガシは綺麗な色も魅力的ですが、この目つきがとにかく好きです。




ヤマアカガエルRana ornativentrisの、こちらも赤ちゃん。

2匹とも、コケが背景になるいい場所にいてくれたもんです(笑)




夜の撮影が慣れてなくてとんでもなく下手なので、しょうもない写真ですが…
クロサンショウウオHynobius nigrescens。子供。

上陸したてのような子供が、池の周りにたくさん歩きまわっていて、
踏まないように注意して歩きました。




路上に出てきたニホンマムシGloydius blomhoffii




これまた夜だったのでしょうもない感じの写真でアレですが…
私はこのとき初めてマムシを見たので嬉しかったです。
もっちり太短くてだんごのようでした。

みんな、見つけて大喜びでライトを当てたりするもんで、完全に怒ってました。
でも妙にリーチが短くて、そこもまた可愛いです(笑)

マムシが怒って臭腺から出したニオイはとんでもなく強烈でした。




これも夜なので(以下略
2匹とも、別のカエルのようですが、両方ともニホンアマガエルHyla japonicaです。

上のほうに写っている個体は表面もなんだかザラザラしていて、
はじめ一瞬別のカエルかと思いました。
ちょうどよく緑のままのアマガエルも近くにいたので、比較で並べて撮影。
ボケすぎててあんまり比較になりませんが…




雨の日のナイトドライブ、なーんにも出てこなくて諦めかけてキャンプ場に帰る頃、
路上に現れてくれたシロマダラDinodon orientale。まだ小さくて赤ちゃんでした。




やたら白く写っちゃってる写真ですが…

いかにもマダラヘビ!!という顔が最高に可愛い。
細さも小ささも本当に可愛い。
そして、写真撮っているといっちょまえに怒って噛み付こうとしてくるんですけど、可愛い!!!

生きてるシロマダラは初見だったので嬉しかったです。




またまたニホンアマガエルHyla japonica
ほんの赤ちゃんですが、もしかしたら部分的に色彩変異? と思ったので写真を撮っておきました。
顔だけ黄色いです。しばらく経ってもこのままだったので、もしかすると…

でも全身とか部分的に青いアマガエルってよく聞きますが、
部分的に黄色ってあんまり聞かないですね。どうでしょ。




明け方木の根元にどっしりと構えていたアズマヒキガエルBufo japonicus formosus
赤が強い個体です。

ヒキガエル系は顔も大きさも存在感があって写真写りも良くて、本当に良い(笑)



⇒2ページ目へ


⇒サイトトップ